社会福祉法人山形県コロニー協会

ひとつ

障がい者が自ら生き働く

私たちが願う進歩した社会とは、すべての人々の自由と尊厳が守られ、平和で人間らしい生活を送ることができる社会であり、このことは人類共通の願いです。私たちはそうした人間尊重の理念に立ち、完全参加と平等と障がい者の働く権利の具体的な保障を目指し、わが国の関係制度や社会·経済·文化的諸条件の改善を図り、すべての人々が幸せに生きることができる社会の実現に向けて連帯し、積極的に行動します。コロニーとは結核の病巣から由来していて、決して排他的な群れを意味するものではありません。

ふたつ

ゼンコロ会員法人は

結核回復者自らが仕事を通じて自立の道を歩み始めた草創期から、一貫して印刷事業を柱に据えて障がい者の雇用、就労に突き進んできました。しかし半世紀以上を経た現在、10法人で150事業(所)を実施する多機能法人に変貌しています。その約半分は就労支援、日中活動系の事業ですが、相談支援や生活支援系の事業が半数を超える状況になりました。対象者も身体障がい者から、知的障がい者、精神障がい者、発達障害、難病、障がい児、高齢者などを包括したサービス事業に広がっています。コロニーとは結核の病巣から由来していて、決して排他的な群れを意味するものではありません。

英訳

A person with

The about half was starting working support and business of the daytime activity system, but consultation support and business of the living support course were the situation beyond the half. It spreads over the service business by which an object included a mentally-disabled person, a mentally disturbed person, developmental disability, an incurable disease, a child with disabilities and a senior citizen from a person with disabilities, too.A colony is derived from a tubercular focus and is never one which means the exclusive group.

 
 
 

お知らせ

2018/11/05

報告:山形県コロニー協会児童支援課合同研修会が開催されました。

2018/11/02

 求人情報を更新しました。

2018/09/19

将棋の駒の製造・販売店の見学に行ってきました。うぃる天童(放課後等デイサービス)

2018/09/06

報告:山形県コロニー協会児童支援課合同研修会を開催します。(参加者募集)

2018/09/05

報告:就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)にて、『消費生活出前講座』を開催しました。

2018/08/22

コロニーパンに行ってきました。うぃる天童(放課後等デイサービス)

2018/07/13

重要:障がい児・者総合支援施設「山形コロニー天童サポートセンター」新築工事及び附帯工事について、一般競争入札を行いますので公告します。

2018/07/10

アビリンピックやまがた2018開催「コロニーから全国大会へ」を目標に頑張りました。

2018/07/07

報告:就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)にて、山寺散策を行いました。

2018/07/06

重要:社会福祉法人山形県コロニー協会平成29年度事業報告・収支計算書を公開しました。

2018/07/05

さつま芋の苗を植えました。うぃる天童(放課後等デイサービス)

2018/06/27

報告:山形コロニー就労サポートセンターで『風船パック』を4000個作成しました。

2018/06/22

報告:山形コロニー就労サポートセンターで『第22回一日だけの和食れすとらん』を行ないました。

2018/06/15

コロニーセンター情報「しゃい しゃい」第30号発行いたしました。

2018/06/12

報告:2回目の体験型栄養教育「食育SATシステム」での食生活調査 及び栄養管理支援を行いました。

2018/06/8-9

報告:山形コロニー就労サポートセンターで『宿泊自立生活訓練』を行い、宮城県内で活動・宿泊してきました。

2018/05/26

「親子遠足を実施しました!」:うぃる天童(放課後等デイサービス)

2018/05/16

子育てサロン「おひさま」で親子ふれあい遊びを行いました。:うぃる天童(放課後等デイサービス)

2018/05/14

重要:社会福祉法人山形県コロニー協会平成30年度事業計画を公開しました。

2018/04/14

報告:4月14日(土)に『お花見&社会科見学』に行ってきました。

2018/04/04

お茶の時間。うぃる天童(放課後等デイサービス)

2018/03/12

報告:1月から3月まで雪かき作業を行なっております。

2018/03/05

報告:2月27日(木)に『第21回1日だけの和食れすとらん』を行ないました。

コロニー協会とは

  • 会社の立派な木蓮の木の写真

    心身に障がいがあっても、生活環境と働く条件が適切に整っているならば、多くの障がい者は社会人として自立して行くことができるはずです。

    “結核回復者に職場を”と、自らの強い意志と仲間との共同の力で回復者の生活と仕事の場を切り拓こうと共同作業所を発足させたのが現在の山形県コロニー協会のはじまりです。

    現在の山形県コロニー協会では

    より障がい者の自立を図るために、印刷事業による障がい者の雇用(就労継続支援A型)、就労継続支援B型では、天然酵母パンの製造·販売や野菜の栽培·販売を行なっています。
    また、障がい者の就労支援(就労移行支援)、相談支援(山形市委託)のほか、福祉ホームやグループホームの運営を行なっています。
    平成26年からは、放課後等デイサービスを始めました。
    平成29年には多機能型事業所として天童市高擶(たかだま)に「山形コロニー うぃる天童」を設置しました。

  • コロニーセンター外観写真

沿革

法人及び後援会の沿革

平成28年(2016年)4月1日
天童事業部準備室開設(桜田南)
平成28年(2016年)9月1日
天童市駅西に、児童発達支援事業「山形コロニー子育てサポート うぃる天童」を開所
平成29年度(2017年)1月26日
グループホーム鳥居ケ丘ホームに、サテライト型住居を追加開設(1室)
平成29年(2017年)4月1日
「山形コロニー子育てサポート うぃる天童」を多機能型事業所に移行し、施設名を「山形コロニー うぃる天童」に変更
また、施設を天童市高擶(たかだま)に移転
  • 山形コロニー うぃる天童
    • 児童発達支援事業(定員7名)
    • 放課後等デイサービス事業(定員3名)
  • 山形コロニー天童相談支援センター
    • 相談支援事業

事業内容

  • 山形コロニー就労サポートセンター

    • サービスの種類:指定就労移行支援事業
    • 通常の事業所への就職を目指す65歳未満の障がいのある方に対し、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な支援、求職活動に関する支援、その適正に応じた職場の開拓、職場体験機会や、就職後における職場への定着のために必要な支援などを有期限(原則2年間)で提供する事業です。
    • 定員:20名
    • 営業日:原則 月曜日~金曜日
    • サービス提供時間:9:00~15:30
    • 職員体制(兼務有り)サービス管理責任者 1名 職業指導員 7名 就労支援員 2名 生活支援員 2名
    • 社会福祉国家資格(重複所持者有り)社会福祉士 2名 精神保健福祉士 1名 介護福祉士 2名 保育士 2名

    山形コロニー就労サポートセンターは、本人の希望や目標に沿った個別の訓練プログラムを設定できることや、就職に向けての準備段階から就職後のフォローアップまで一貫したサポート体制を提供できることを特色とした就労移行支援事業所です。自分にあった就職先で安心して働き続けるためのサポート体制を構築できるよう訪問型職場適応援助者(ジョブコーチ)を5名配置しています。一人ひとりの将来の目標や希望が実現できるようサポートしていきます。利用や見学·体験のご希望がありましたら、いつでもご相談ください。

  • 山形福祉工場(コロニー印刷)

    • サービスの種類:指定就労継続支援事業A型
    • 通常の事業所に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労が可能である者に対して、雇用契約の締結等による就労の機会の提供及び生産活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練等の支援を行ないます。
    • 定員:40名
    • 営業日:原則 月曜日~金曜日
    • サービス提供時間:8:30~17:00
    • 職員体制(兼務有り)サービス管理責任者 2名 職業指導員 10名 生活支援員 2名
    • 社会福祉国家資格(重複所持者有り)社会福祉士 1名 精神保健福祉士 1名

    「山形福祉工場(コロニー印刷)」は、平成18年10月に障害者自立支援法の就労継続支援事業A型事業所に移行しました。利用者は事業主と雇用契約を結び、希望に合わせ継続的に、地域生活のための支援や一般就労支援を受けることができます。
    山形福祉工場では、障がいのある方の就労と所得保障を目指し、労働者としての位置付けを重視してきました。利用料については、事業主負担による減免措置を採り、個人負担を無くしています。また、廉価での給食サービス提供を行いながら、一般の印刷会社と同じように、編集から製本まで一貫した印刷事業を行なっています。

  • 山形県コロニーセンター

    • サービスの種類:指定就労継続支援事業B型
    • 一般就労が困難となった障がい者に対して、知識及び能力向上のための必要な訓練を行ない就労の機会を提供します。
    • 定員:40名
    • 営業日:原則 月曜日~金曜日
    • サービス提供時間:8:30~16:00
    • 職員体制(兼務有り)サービス管理責任者 1名 職業指導員 7名 生活支援員 2名 工賃向上推進員 1名
    • 社会福祉国家資格(重複所持者有り)社会福祉士 2名

    山形県コロニーセンターは、山形市沼の辺町で長年、入所型の身体障害者授産施設として事業を行っておりましたが、平成22年2月、同法人の山形福祉工場がある山形市桜田南に全面移転しました。事業内容も入所型から就労継続支援事業B型事業所に移行しました。
    作業·訓練内容は、ベーカリー部門、IT部門、リサイクル部門、ファーム部門、軽作業部門となります。利用されるかたは、これら5つの作業部門の中から障がいや希望を考慮して選択してもらいます。作業を通して、一般就労が困難となった障がい者に対して知識及び能力の向上のための必要な訓練を行い就労の機会を提供しております。作業は施設内だけの作業だけでなく外部に出ての作業もあり人と接する機会もあり、挨拶やマナーの習得ができます。

  • コロニーハイツ

    • サービスの種類:障がい者福祉ホーム
    • 住居を求めている65歳未満の障がいのある方で、就労継続支援A·B型事業、就労移行支援事業など働くサービスを受けている方向けに、低額な料金で、居室その他の設備の利用及び食事の提供をします。
    • 定員:30名
    • 職員体制(兼務有り)サービス管理責任者 1名 管理人 4名
    • 023–641–2626
    • 023–665–1415

    3階建で個室対応(居室は3タイプ)、お風呂·トイレなどは共同利用です。食事はコロニー内にある食堂を利用することもできます。近隣にスーパーやコンビニもあり、買物をするにも便利な立地となりました。約30名の方との暮らしになるため、それぞれの生活スタイルを大事にしながら、お互いに気持ち良く過ごせるよう話し合いをする場をもっています。現在は様々な障がいがある方が入居され、就労のサービスなどを利用し生活されています。
    見学や体験利用に関してのご相談も随時受付ておりますのでご連絡ください。

  • 山形県コロニーセンター 共同生活援助事業所

    • サービスの種類:共同生活援助事業·(外部サービス利用型)
    • 地域において、一軒家やアパートで障がいのある方が数名で暮らせる場所を提供し共同して日常生活または社会生活を営むことができるように支援します。
    • 定員:富の中ホーム 5名 あさひ町ホーム 4名 鳥居ヶ丘ホーム 4名 東青田ホーム 4名
    • 職員体制(兼務有り)サービス管理責任者 1名 世話人 8名
    • 023–641–2626
    • 023–665–1415

    共同生活援助事業とは「障がい者グループホーム」の正式名称です。コロニーでは現在4軒のグループホームがあります。一般住宅やアパートを借りて改装した住まいの場です。4~5名の共同生活のため、お互いが暮らしやすいよう入居者同士で話し合いルールを決めています。職員などが各グループホームにおり食事の支度や生活上の相談にのり、皆さんが地域の一員として生活できるようお手伝いします。
    見学や体験利用も随時受付ておりますのでご相談ください。

  • 山形コロニー相談支援センター

    • サービスの種類:指定特定相談支援事業 指定一般相談支援事業 指定障害児相談支援事業
    • 障がいのある方、ご家族、関係機関の皆様の相談窓口です。山形市から委託相談支援事業所として指定を受けています。普段の生活の中での不安や悩み、困っていることの相談に応じます。
    • サービス提供時間:原則 月曜日~金曜日:8:30~17:00 土曜日 9:30~13:00
    • 職員体制(兼務有り)相談支援専門員 4名 相談員 2名
    • 社会福祉国家資格(重複所持者有り)社会福祉士 3名 介護福祉士 1名

    相談支援センターでは身体·知的·精神障がいの方、発達障がい·高次脳機能障がい及び難病の方の相談を受付ています。ご本人やご家族、関係機関と連携し今後の希望等を伺い、福祉サービスの紹介を行います。サービス利用に関してだけでなく、どこに相談したらいいか分からないといったことでも構いません。電話·来所相談だけでなく、ご都合に合わせて自宅訪問なども対応いたします。
    お一人お一人が希望する生活に沿って、その人らしく自立した生活が地域で送れるようお手伝いいたします。

  • 山形コロニー放課後等デイサービス シード

    • サービスの種類:指定放課後等デイサービス事業
    • 学校通学中の障がい児に対して、放課後や学校が休みの日または夏休み等の長期休暇中において、生活能力向上のための訓練機会等を提供することにより、障がい児の自立促進を支援する事業です。
    • 定員:10名
    • 営業日: 原則: 月曜日~金曜日
    • サービス提供時間:授業終了後 15:00~18:00: 学校休日 11:00~18:00
    • 職員体制(兼務有り)児童発達支援管理責任者 1名 児童指導員 2名 指導員 2名
    • 社会福祉国家資格(重複所持者有り)社会福祉士 2名 精神保健福祉士 1名 保育士 1名

    シードは、学校卒業後に就労を目指している方を対象に、在学中から始める『早期職業準備トレーニング』を特色とした放課後等デイサービスです。スキル獲得の機会を提供し「やったことがない」を「やれた!」さらには「できる!」になることを目標として、日々の活動メニューを個別に作成し取り組んでいます。目標は一人ひとり違って当たり前。それぞれの頑張る姿をシードは応援します。
    シードの利用や見学·体験のご希望がありましたら、いつでもご相談下さい。

  • 山形コロニーうぃる天童(多機能型事業所)

    指定児童発達支援と指定放課後等デイサービスを行なっています。
    営業日・営業時間:原則 月曜日~金曜日・8:30~17:00(土曜日開所の日もあります)

    定員: 児童発達支援と放課後等デイサービスあわせて10名

    児童発達支援

    • サービスの種類:児童発達支援
    • 障がいや発達などに不安のある未就学児に対し、生活スキルの習得や集団生活への適応のための支援を行う事業所です。
    • 定員:10名の中の7名程度
    • サービス提供時間:9:30~16:00(母子通所は9:30〜11:00まで)

    放課後等デイサービス

    • サービスの種類:放課後等デイサービス
    • 学校通学中の障がい児に対して放課後や長期休暇中等において、生活向上のための訓練機会等を提供することにより障がい児の自立促進を支援する事業所です。
    • 定員:10名の中の3名程度
    • サービス提供時間:授業終了後14:30~16:30(学校休日は10:30〜16:30まで)

    職員体制

    • 職員体制(兼務有り)施設長 兼 児童発達支援管理責任者 1名 指導員 2名 (児童指導員) 保育士 5名
    • 社会福祉国家資格(重複所持者有り)社会福祉士 2名 介護福祉士 3名 保育士 5名

    児童発達支援は、親子で一緒に楽しく活動できる「母子通所」と、お預かりして元気に活動できる「預かり通所」を行っています。1人ひとりの希望や不安等に寄り添いながら、子育てを頑張るお母さんをサポートし、お子さまの成長を一緒に見守っていきます。
    放課後等デイサービスでは、「できた!」「言えた!」「わかった!」と嬉しい気持ちや自信を増していけるように少人数で個別的な支援を行っています。自分の将来に向けて色々な事にチャレンジし、失敗も成功もたくさん体験していきましょう。
    うぃる天童の見学希望や質問のある方はお気軽にご連絡下さい。

  • 山形コロニー天童相談支援センター

    • サービスの種類:指定特定相談支援 指定障害児相談支援
    • 発達などに不安のある方、障がいのある方、難病の方などの生活、療育、就労、福祉サービス等の利用のための相談窓口です。
    • 営業日・営業時間:原則 月曜日~金曜日・8:30~17:00
    • サービス提供時間:上記営業日・時間に同じ
    • 職員体制(兼務有り)施設長 1名 相談支援専門員 1名
    • 社会福祉国家資格(重複所持者有り)社会福祉士 2名 保育士 1名

    天童相談支援センターは平成29年4月に天童市高擶に開設しました。発達などに不安のある方や障がいのある方が安心して生活できるよう支援体制をつくるお手伝いをします。

職員体制2018年01月16日現在数

プレスリリース


このページに掲載している情報は、作成日時点において入手可能な情報に基(もと)づくもので、予告なしに変更されることがあります。
また、このページには将来に関する見通しが含まれていることがあり、これらはさまざまなリスクおよび不確定要因により、実際の結果と異(こと)なる可能性があります。

  • 2018年11月05日

    企業情報

    10月13日(土)、「未来につながる大切な力~今、出来ることを考える」と題して、山形県コロニー協会として初めての主催となる児童支援課合同会議研修会を天童市高擶公民館にて開催しました。
    初めての取組みでしたが、お陰さまで当日は家族・学校・支援関係者を含め約130名と、たくさんの方々にご参加いただくことができました。
    ■『児童支援課合同会議研修会』 [PDF:467 KB]

  • 2018年09月19日

    企業情報

    天童市にある中島清吉商店さんに将棋駒作りの見学に行ってきました。 うぃる天童の夏休み体験として、天童市にある中島清吉商店さんに将棋駒作りの見学に行ってきました。
    どんなふうに作られているのか、みんなはじめての体験でした。 作業場で機械の大きな音にびっくりしながらも、みんな真剣な眼差しで見学しました。
    駒の材料であるツゲの木も硬いとわかり、目と耳と手で触れての貴重な体験となりました。温かく迎えてくださった中島商店さんありがとうございました。

  • 2018年09月06日

    企業情報

    山形県コロニー協会児童支援課合同研修会を開催します。
    私たちは児童発達支援と放課後等デイサービス事業を実施し、将来につなげる支援をテーマに、実践してきました。今までの実践を振り返りより良い支援を展開するために、今回主催研修会を開催することとしました。皆様も研修会に参加していただき、将来につながる大切なスキルや取り組みについて一緒に考えてみませんか?皆様の参加をお待ちしています。
    ※申し込みはFAX、メールからのみ受け付けております。お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

    ■合同研修会チラシ両面 [PDF:2.1 MB]

  • 2018年09月05日

    企業情報

    就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)では、生活の自立に向け、「自立生活訓練」というカリキュラムがあります。
    この度、山形県消費生活センターの『消費生活出前講座』を依頼し、身近に起こりうる詐欺や消費トラブル、その対策について学びました。
    ■『消費生活出前講座』 [PDF:270 KB]

  • 2018年08月22日

    企業情報

    うぃる天童の夏休み体験として桜田南にあるコロニーパンに行ってきました。 うぃる天童の夏休み体験として桜田南にあるコロニーパンに行ってきました。 事前にみんなで小麦粉粘土(こむぎこねんど)でパンを作り、挨拶(あいさつ)の練習をして出かけました。
    ドキドキしながらお店に着いて「いらっしゃいませ」「こんにちは」と練習通りに挨拶ができました。それから自分たちの自己紹介もしっかりできました。 お客さん役と店員さん役にも挑戦しました。
    お客さんとして、美味しい香りのするたくさんのパンから2つ選んでレジへ持ってゆきました。
    今度は店員さんとしてお会計をして袋詰めしました。
    コロニーパンのみなさんに丁寧(ていねい)に教えていただき上手(じょうず)に出来ました。
    お客さんの笑顔の「ありがとう」に、みんなも笑顔になり、嬉しい体験になりました。
    コロニーパンのみなさんありがとうございました。

  • 2018年07月10日

    企業情報

    山形国際交流プラザで開催された「アビリンピックやまがた2018」における山形県コロニー協会の参加者の成績は以下のとおりです。
     ・DTP部門 板坂友昭(山形福祉工場) 優秀賞
     ・ワードプロセッサ部門 山口元輝(就労サポートセンター) 技能賞
     ・喫茶サービス部門 斉藤琴美(就労サポートセンター) 技能賞
     ・ワードプロセッサ部門 笹原知樹(コロニーセンター) 優秀賞
    当日は、大勢の関係者が見守る中、日ごろの訓練・練習の成果を存分に発揮されました。
    なお、DTP部門優秀賞の板坂さんは、11月に沖縄県で開催される全国アビリンピック大会に出場する予定です。

  • 2018年07月07日

    企業情報

    就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)にて、リフレッシュ、健康づくり、地域の風土や文化を知る活動の一環として、山寺散策を行いました。
    当日は12名の方が参加され、それぞれ、夏の山寺を楽しみました。
    ■山寺散策 [PDF:442 KB]

  • 2018年07月05日

    企業情報

    「さつま芋の苗植え」写真 うぃる天童では、春にさつま芋の苗を植えました。トマトやキュウリ、ナスにカボチャも植えました。畑の活動も2年目に入り、農協さん、畑の先生など地域の方々に助けられながら、苗を植えることが出来ました。
    「学校でもやったよ。」「うわあ、ミミズ!!」とにぎやかに行われました。畑の名前もみんなで考えました。「ヒーロー畑がいい。」「どうぶつ畑」「畑は畑だ!」と色々な意見が出ましたが、「なかよし畑」に決定しました。 毎日みんなで草とり、水かけをがんばっています。秋にはおいしいお芋ができるといいです。

  • 2018年06月27日

    企業情報

    就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)では、外部より委託を受け、風船の封入・封閉じ・ラベルシール貼りを行いました。納期に間に合うか正直不安でしたが、納期を守ることの大事さを確認しながらがんばり、1日2時間8日で完成しました。
    ■『風船パック』を4000個作成 [PDF:442 KB]

  • 2018年06月22日

    企業情報

    「和食れすとらん」写真 今回で22回目を迎える『和食れすとらん』は行政関係の方や一般企業の人事担当の方など外部からお客様をお招きし、接客をしています。料理の配膳だけでなく駐車場からのご案内、受付(チケット販売)、お出迎え、お見送りも行っています。緊張しながらも、お客様を一生懸命おもてなししようとがんばりました。
    料理は日本調理師会清和会様にご協力いただいております。いつもお忙しい中、美味しく美しいお料理をご提供いただいております。
    ■1日だけの和食れすとらん [PDF:430 KB]

  • 2018年06月12日

    企業情報

    「体験型栄養教育」写真 就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)では、6/4(月)に山形県立米沢栄養大学からご協力をいただき、2回目の体験型栄養教育「食育SATシステム」での食生活調査 及び栄養管理支援を行いました。
    たくさんのサンプルの中からメニューを選び、栄養バランスの良い食事を選べているか確認します。安定した就労にはバランスの良い食事は欠かせません。普段の食事をどのように改善すれば、より体に良い食事になるのか、アドバイスを頂きながら楽しく学ぶことができました。
    ■食生活調査 及び栄養管理支援 [PDF:307 KB]

  • 2018年06月8日から9日

    企業情報

    「体験型栄養教育」写真 就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)では、6/8~9に『宿泊自立生活訓練』を行い、宮城県内で活動・宿泊してきました。必要な荷物を自分で考えて準備する、バランスの良い献立を立てて調理する、公共マナーを守りながら見学・研修を実施するなど、これまで培った力を試し、新たな学びや発見ができた2日間でした。
    ■宿泊自立生活訓練 [PDF:549 KB]

  • 2018年05月26日

    企業情報

    児童発達支援で、親子遠足を実施しました。 平成30年5月26日にうぃる天童 児童発達支援で、親子遠足を実施しました。場所は山形県立総合運動公園。たくさん体を動かして遊んだ後、親御さんが作ってくれた愛情弁当を野外で美味しそうに頬張るお子さんの姿が微笑ましかったです。お天気にも恵まれて最高の遠足日和となりました。参加してくださったご家族の皆さんありがとうございました。

  • 2018年05月16日

    企業情報

    「親子ふれあい遊び」写真 平成30年5月16日の天童市高擶地区の子育てサロン『おひさま』でうぃる天童の企画した「親子ふれあい遊び」が行われました。当日はスタッフの方々の他20組位の親子の参加がありました。「キュウリができた」「ぐるぐる洗濯機」などの歌に合わせてふれあい遊びを行い、楽しい時間を過ごしました。参加していただいた皆さん、スタッフの方々ありがとうございました。

  • 2018年04月14日

    企業情報

    就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)では、4/14に「お花見&社会科見学」を実施しました。コロニーに集合した後、移動訓練を兼ねて山交バスで霞城公園へ。満開の桜の中、公園の散策や県立博物館を見学してきました。博物館では郷土の歴史や文化に触れ、満開の桜の下、実りある活動になりました。
    ■花見・社会科見学 [PDF:471 KB]

  • 2018年04月04日

    企業情報

    「お茶の時間」写真 冬の間、職員がおやつの時間にお茶を出して皆で飲んでいたのですが、いつしかお茶わんや急須を運ぶお手伝いをしてくれ、「僕もやってみたい。」とお友達の分までお茶を入れてくれるようになりました!
    皆この時間は真剣な顔で頑張ってくれています。「お茶ってお茶漬けのにおいがするね。」と発見があったり、「葉っぱ入れすぎた〜。」とドキドキしたり、「おかわりいいよ。」「ありがとう。」と楽しいお茶の時間を過ごしています。(時々お茶当番をめぐる話し合いをしますが)新1年生には麦茶を作るのをお願いしています。
    こんな風にお手伝いが出来るって、楽しいし嬉しい気持ちになりますね。

  • 2018年03月12日

    企業情報

    就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)では、1月から3月まで施設外での就労訓練と地域貢献の一環として、有料の作業委託契約を結び雪かき作業をしています。ご家庭の都合で雪かきが難しいお宅に訪問しています。作業を通して、お金を稼ぐ大変さを学び、自分の仕事が誰かの役に立っているという自信にもつながったようです。
    ■雪かき作業 [PDF:352 KB]

  • 2018年03月05日

    企業情報

    「和食れすとらん」写真 就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)では、今回で21回目を迎える『和食れすとらん』を行いました。訓練の一環として、外部からお客様をお招きし、配膳を中心に接客をしています。料理は日本調理師会清和会様にご協力いただいております。
    当日の振り返りでは、緊張しながらも【できた】が増え、いい表情の皆さんでした。訓練を通し、人との関わりの大切さや楽しさを学べた一日になりました。
    ■1日だけの和食れすとらん [PDF:381 KB]

  • 2018年02月09日

    企業情報

    「コロニーベーカリー見学」写真うぃる天童(放課後等デイサービス)では、冬休みの12月27日、パンが大好きなメンバーで、コロニーベーカリーにお仕事見学に行ってきました。
    目標は「こんにちは」とあいさつができることと、考えてきた質問を言えることでした。ドキドキしながら、「トマトのパンはありますか?」「どうやって作るのですか?」と質問することが出来ました。
    目標は達成することができました。みんな顔を上げて真剣な様子で職員さんの話を聞けました。

  • 2018年02月09日

    企業情報

    平成27年4月に厚生労働省より、放課後等デイサービスの支援の質の向上を図るため、「放課後等デイサービスガイドライン」が定められました。
    今回そのガイドラインに基づく評価を実施し、「平成29年度放課後等デイサービス自己評価結果」がまとまりましたので、ここに公表致します。
    なお、保護者の皆様からは貴重なご意見やご要望をいただきました。今後、より良い支援やサービス提供に生かしていきたいと思います。アンケートにご協力いただきありがとうございました。
    ■うぃる天童「自己評価結果」 [PDF:221 KB]
    ■シード「自己評価結果」 [PDF:229 KB]

  • 2018年01月15日

    企業情報

    平成29年12月9日、就労サポートセンター(指定就労移行支援事業)にて、自立支援調理実習を行いました。
    今回の調理実習は「体の温まる料理で免疫力アップ!風邪を吹き飛ばして寒い冬を乗り切ろう」のテーマの下、メニューや材料決め、予算内での買い物、調理から後片付けまで、全て自分たちで行いました。衛生管理にも気を付けながら、どのチームも美味しい食事を完成させ、楽しく食事することができました。
    ■自立支援調理実習の様子 [PDF:377 KB]